〒223-0059神奈川県横浜市港北区北新横浜1-5-5

横浜市営地下鉄       北新横浜駅より 徒歩 5分
JR横浜線・横浜市営地下鉄 新横浜駅より  タクシー10分
第三京浜 港北インターより車で約10分
首都高横浜北線 新横浜インターより車で約3分

受付8:00~12:00 14:00~17:00休診:月曜(午後)・水曜( 午後)
  ・日曜・ 祝日    
    

お電話でのお問合せはこちらへ

045-533-5401

診受付:月(午前11時迄)・
火・木・土

FAX 045-533-5401

 

頸椎人工椎間板置換術について

新横浜スパインクリニックでは、2021年1月より頚椎人工椎間板置換術を開始しました。

頚椎人工椎間板置換術は前方固定術同様、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症に用いられる新しい術式です。従来の前方固定術(固定の際に金属(チタン)使用)との違いは、可動性を保持するインプラントを使用する事で、手術箇所上下の椎間板への負担を軽減し、隣接椎間障害の確率を下げるメリットがあります。

ただし、頚椎人工椎間板置換術をご希望されても、適応症は限られているため全ての患者さんに当術式を行えるわけではありません。

従来の前方固定術と人工椎間板置換術の違い

従来の前方固定術(前屈)

従来の前方固定術(後屈)

従来の固定術では、固定器具によって首の可動域に、制限がありました。
また、隣接椎間にも負荷がかかることにより、将来的に他椎間においても手術が必要となるリスクがありました。

人工椎間板置換術(前屈)

人工椎間板置換術(後屈)

頚椎人工椎間板置換術では、置換した人工椎間板に可動性があるため、首の可動域を広く確保する事が出来ます。また、隣接椎間への影響も少なくなっています。